白髪染めランキングTOP > 色選び

白髪染めの上手な色の選び方

以前は、白髪染めと言うと、黒や茶など1~2色くらいしかありませんでしたが、最近では白髪染めにもいろいろなカラーバリエーションが増えてきました。

黒や茶色などの定番色に加え、ピンクやパープル、ゴールドなど、さまざまな色が取り揃えてあるので、白髪染めでも十分にファッションを楽しめる仕様となっています。

しかし、色選びを間違えてしまうと、明るく染まりすぎてしまったり、逆にほとんど染まらなかったりと、トラブルが起こるもとになってしまいます。

ここでは、理想の色に染めるためのポイントをいくつか紹介します。

髪質によって染まり方は異なる

多くの方は白髪染めの色を選ぶとき、パッケージに記載されている色で判断します。

しかし、パッケージの色は染まりやすい髪を基準にしているので、染まりにくい髪質の方が使用すると、やや暗めに仕上がる傾向にあります。

一般的に、髪が硬くて太い方は髪が染まりにくいので、硬毛の方は希望の色よりも一段階明るい色を選ぶようにしましょう。

逆に、髪が柔らかくて細い軟毛の方は、パッケージの色を基準にして選べばOKです。

白髪の量が多いと明るめに染まる

一般的な白髪染めは、髪の色素を一度分解・脱色して色を入れますが、それでももともと白い白髪に色を入れるのと、黒髪に色を入れるのとでは仕上がりに若干の差が生まれます。

そのため、黒髪が多い方は全体的に暗めに仕上がり、逆に白髪の多い方は明るめに染まる傾向にあります。

暗めに染まる場合は一段階明るめの色を。明るめに染まる場合はそのままか、あるいは一段階暗めに染める必要があります。

よって、白髪染めの色を選ぶ前は、鏡をチェックして黒髪と白髪の比率を確認しておきましょう。


ページ上部へ戻る