白髪染めランキングTOP > 種類

白髪染めの種類は全部で3つ

白髪染めには、ヘアカラー・ヘアマニキュア・一時染めの3種類があります。

それぞれ配合成分が違うので、髪の染め方や持続時間、仕上がりなどがそれぞれ大きく異なります。

それぞれに長所・短所があるので、用途や髪のダメージに応じて上手に使い分けましょう。

以下では、白髪染めの種類とその特徴を紹介します。

白髪染めの種類

ヘアカラー

酸化染料とアルカリ剤を含んだ1剤と、過酸化水素水を含んだ2剤を混ぜ合わせて作る白髪染めです。

混合液を髪に塗ると、アルカリ剤が髪のキューティクルを開き、アルカリ剤によって分解された過酸化水素水が髪のメラニン色素を脱色し、かわりに酸化染料が白髪をしっかり染め上げます。

もとの髪の色素を分解・脱色した後、酸化染料を染みこませるので、非常に発色力が強く、たった1度の染毛でもしっかり色が入ります。

効果も2~3ヶ月と長期間もちますが、そのぶん髪や頭皮への負担が大きく、パサつきや枝毛などのヘアトラブルや、炎症などの頭皮トラブルが起こる可能性があります。

1回でしっかり白髪を染めたい方や、できるだけ色を長持ちさせたい方におすすめです。

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは、イオン結合の力を応用し、染料を髪に吸着させる白髪染めです。

髪にはプラスとマイナスのイオンがそれぞれ存在していますが、そこにヘアマニキュアの酸性染料を塗布すると、酸性染料のマイナスイオンと髪のプラスイオンが結合し、白髪に色をつけることができます。

染料が髪の内部まで浸透しないので、髪に刺激を与えず、しかもつややかに染め上げることができます。

ただし、表面に吸着した染料はシャンプーのたびに少しずつはがれていってしまうので、効果が長持ちせず、長くても3週間ほどしか持ちません。

そのため、髪のダメージが気になる方におすすめの白髪染めと言えるでしょう。

一時染め

一時染めは髪の表面にスプレーやスティックなどで色を塗り、白髪を目立たなくするアイテムです。

髪の表面に色をつけるという点はヘアマニキュアと同じですが、ヘアマニキュアが染料と髪をしっかり吸着させるのに対し、一時染めは本当に髪の表面に色を塗るだけなので、シャンプーしてしまうと染料が一気に落ちてしまいます。

最近では、数回のシャンプーでは落ちにくくなっている一時染めも販売されていますが、それでもヘアマニキュアよりも持続時間は短いと言えるでしょう。

ただ、染料を塗った後に放置したり、洗い流したりする必要がないので、急場しのぎのアイテムとしてひとつ持っておくと便利です。


ページ上部へ戻る