白髪染めランキングTOP > アフターケア

白髪染め後のアフターケアの重要性

白髪染めは、アルカリ剤でキューティクルを開いたり、酸化染料を髪に浸透させたりと、かなり髪に負担をかける作業です。

そのため、白髪染めを繰り返すと、髪が傷んだり、頭皮に炎症を起こしたりする原因となります。

しかし、白髪染め後のアフターケアを行うことで、髪や頭皮のダメージを最小限に抑えることが可能となります

アフターケアには白髪染めの色持ちを良くする作用もありますので、白髪を染めたら、アフターケアを徹底して行いましょう。

カラーリングシャンプーでケアする

白髪染めを塗って放置した後は、カラーリング専用のシャンプー・コンディショナーでヘアケアを行います。

白髪染め後のシャンプーには、染料をしっかり洗い流して髪や頭皮への負担を軽減するほか、開いたキューティクルを引き締め、染料の色落ちを防ぐという二重の効果があります。

ちなみに、普通のシャンプーにはキューティクルの引き締め効果はありませんので、白髪染め後のシャンプーは必ずカラーリングシャンプーを使用するようにしましょう。

白髪染め後は髪が傷みやすいので、シャンプー時の髪の摩擦に気をつけるのはもちろん、洗髪後のドライヤーも低温かつ遠方から手早くかけてしまいましょう。

傷んだ髪にはヘアパックを

ダメージヘアの補修には、シャンプー後のヘアパックが有効です。

通常、ヘアパックは週に1~2度程度が目安ですが、白髪染め後の髪はかなり弱ってしまっているので、できれば毎日ヘアパックを活用することをおすすめします。

ヘアパックはシャンプー後、コンディショナーを使用する前に塗布し、数分間置いてからぬるま湯ですすぎます。

髪のダメージが特に気になる方は、ヘアパックを塗った後、シャワーキャップをかぶると頭部全体が温まり、血行が良くなってよりトリートメント効果が高くなります。


ページ上部へ戻る