白髪染めランキングTOP > 原因

白髪はなぜできる?

年齢とともに目立ち始める白髪は、少し前までは遺伝、あるいは老化現象のひとつとしてとらえられてきました。

しかし、現在では加齢や遺伝に加え、生活習慣や食生活の乱れ、ストレスなど、さまざまな原因が複雑に絡み合った複合性の白髪人口が増えており、壮年層だけでなく、若年層の白髪も目立ち始めています。

遺伝や加齢による白髪はある程度避けられないところもありますが、それ以外の白髪に関しては、原因を解消することで予防・解決することが可能です

解消法を知るには白髪の発生原因を突き止める必要がありますが、そもそも、白髪はどんなメカニズムで生まれてくるのでしょうか。

白髪発生のメカニズム

毛髪は、頭部に埋まっている毛根のまわりを取り巻く毛母細胞によって作られています。

毛母細胞は血中から取り入れた酸素や血液をエネルギーとし、分裂・増殖を繰り返して発毛を行いますが、実は生まれたばかりの髪の毛にはもともと色がついておらず、すべて白髪として生えてきます。

この白髪に黒や金などの色をつけるのが、シミやそばかすの原因としても知られるメラニン色素です。

メラニン色素はメラノサイトと呼ばれる色素細胞から生み出されており、毛髪が作られる過程でメラニン色素が毛髪に取り込まれることで、黒髪やブロンドが作り出されます。

しかし、何らかの理由でメラノサイトの働きが衰えると、メラニン色素が十分に生まれなくなり、髪は白髪のまま伸びていってしまうのです。

メラノサイトの衰えを予防しよう

白髪の発生を予防するためには、メラノサイトの働きを一定水準に保つ必要があります。

メラノサイトが衰える原因はさまざまあり、加齢にともなって老化したり、生まれながらにメラノサイトの働きが弱いケースも見受けられますが、生活習慣や食生活の乱れ、ストレスなども大きな原因のひとつとなっています。

最も良い予防法は、白髪が目立ち始める前に生活習慣や食生活を改善し、ストレスをためない生活を送ることです。

すでに白髪が目立ち始めている方でも、ライフスタイルを見直すことによって白髪の増量を防ぐことができますので、白髪は加齢のせいと諦めず、自分でできることから着実に解決していきましょう。


ページ上部へ戻る